WORKSTAGE 仕事紹介:窓口業務/個人分野

個人営業 家永 理加 2012年入社

個人営業とは

主に個人のお客さまを対象に、投資信託や個人年金保険、国債、外貨預金などの金融商品による資産運用のアドバイスの他、お客さまのニーズに応じて相続対策やローンなど、様々な提案を行う役割を担う。幅広い知識とコミュニケーション能力が不可欠な業務だ。りそなは信託機能を併せ持つのが大きな強み。遺言信託や遺産整理業務を通じて、お客さまとより密接な関係を構築できるアドバンテージがある。

形のないサービスだからこそ人間力で勝負できるやりがいのある仕事

すべての仕事は、お客さまのお役に立つため

学生時代の個別指導塾でのアルバイトや就職活動を通して銀行の個人営業を担当したいと決めていました。理由は、お客さまに対して目に見えない商品を取り扱うということは、高い人間力を持ち合わせないと難しいこと、そして何より大きなやりがいを感じられると思ったからです。なかでも当社を選んだのは、地域に密着し、資産運用から信託業務まで幅広く取り扱うことができ、お客さまをしっかりサポートできると感じたことが理由です。
個人営業の魅力は、お客さまと何度もお会いすることで、少しずつ信頼関係が築かれ、いろいろなご相談をお受けできることにあります。また、その知識が自分の経験となりご提案の幅を広げていくことができます。先日も、資産運用のご相談のみを受けており、必要外のことは話していただけなかったお客さまから、「実は相続のことなんだけどね……」と、本音をお話しくださり、遺言信託についても承ることができました。「家永さんだから頼みたい」という言葉もいただき、大変光栄でありうれしく感じました。

一人ひとりに合わせたサポートができる

情報が氾濫している今、単純にお客さまのお悩みや相談に回答するだけでは、インターネットや本で十分に事足ります。私は、これまでのお客さまの取引内容や資産背景、ご家族関係を存じているからこそできる提案をすることこそ大切だと考えています。また、それは一時的な解決ではなく、世代を超えて先を見据えた内容である必要があります。
私が勤務している支店は、ショッピング施設も一緒に入ったお洒落な店内で、毎日いろいろなお客さまがいらっしゃいます。そのなかに、外貨預金取引で来店いただいている、ご年配のお母さまを連れた親子のお客さまがいらっしゃいました。ある日、いつもと違った様子で息子さまが来店されたのでお声がけをすると、お母さまが亡くなり、すべての預金管理をお母さまが行っていたとのことで困惑されていました。そこで、遺産整理業務から相続に関わるすべての銀行業務を担当させていただきました。迅速に対応できたこともあり、大変喜んでいただき、ご自身の遺言についても作成のお手伝いをすることになりました。一連の業務を対応することができたのも、信託業務を兼ね備えた当社だからできたことです。これからも「あのとき家永さんに相談して良かった」と思っていただけるお客さまを、たくさんつくっていきたいと思っています。

pagetop