RESONA ISM りそなの強みとは何か?

Convenience

銀行ではなく、金融サービス
業

なぜ、銀行は15時まで?銀行の常識は世間の非常識

 「銀行は15時で閉まる」「銀行は待ち時間が長い」…このような銀行のあたり前に、不便な思いを感じた人は多いのではないだろうか。実は銀行業にはお客さまの利便性を優先しない銀行都合の常識が数多くある。
  りそなは、2003年の発足以来、横並びの銀行ビジネスから脱却するため、それまでの銀行の常識を打破する、「金融サービス企業」への転換をビジョンに掲げ、お客さま目線での改革を行ってきた。りそなでは、お客さまにとっての大きなご負担であった「長い待ち時間」や「煩雑な手続き」を排除するため、「総合受付」「クイックナビ」「コミュニケーションブース」を設けた次世代型店舗を導入。
 これにより、お客さまが「待たない」「書かない」「押さない」の『3ない』を実現するとともに、「ペーパーレス(書類を減らす)」「バックレス(事務作業を減らす)」「キャッシュレス(現金のやりとりを減らす)」という『3レス』による銀行業務の効率化も達成した。さらに、窓口の営業時間を17時までとする「5時まで営業」の実施や365日・年中無休店舗の開設など、常にお客さま目線の経営で、メガバンクでも、地方銀行でもない “新しい金融サービス企業”へと日々進化し続けている。