RESONA ISM 成長し続ける、りそな

「お客さまの喜びがりそなの喜び」を原点に、次々とサービス改革を打ち立ててきた、りそな。選ばれる「真のリテールバンク」へと成長し続ける、その軌跡を紹介する。

05 資産相続・事業承継

金融資産の世代間移転という国家課題を、信託商品によって推進。法人分野では、後継者不足に悩む中小企業を広くサポート。

グラフ:資産承継ビジネスの受託件数(りそな銀行)


 少子高齢化を背景に、シニア世代から若い世代への資産の移転が国家的な課題となっている。なかでも金融資産は全体の約6割を60歳代以上の世代が保有するため、政府も生前贈与や教育資金贈与の減税策を実施するなど、資産の移転を後押ししている。
 一方、「信託」はこうした取り組みを推進しやすい機能を持つことから、信託商品として広く利用され、さらに新商品の開発も進められている。商業銀行の本体で信託業務を営むりそなでは、社会の要請を反映した「きょういく信託」などの商品が好調だ。そのほか、「遺言信託」など相続をサポートする商品なども人気がある。
 また、後継者不足やその育成に悩む中小企業などに対しては、事業承継についての専門的なアドバイスの提供のほか、事業の継続や承継における課題の解決を目的とした、信託の機能を活用したオーダーメード型の商品やソリューションの提供を通じてきめ細かくサポートしている。