RESONA EYE

銀行の常識は、世間の非常識

こう捉える私たち、りそなのイノベーションとその視点をご紹介します。

信託の運用ノウハウ、金融商品販売力、厚い顧客基盤。グループの総合力を生かしたサービスを展開。

EYE:03

OUTLINE

すべての人にもっと気軽で安心な、資産形成を。

経済の先行きは常に変化しており、不安定だ。中国の景気減退の懸念や、マイナス金利の導入など不透明な状況下で、個人のお客さまが先行きを見据えるのはとても困難であり、敷居が高くなっている。そこでりそなはグループ一丸となり、新しい投信サービスを実現。これは個人のお客さまや投資未経験の方でも、安心して資産形成を行えるもの。りそなが、長年の運用ビジネスで培ったノウハウを生かしたものだ。

Phase1 お客様目線

約50年にわたり培った資産運用力を、個人のお客さまへ。

「貯蓄から資産形成へ」。お客さまの資産に対する運用ニーズが投資へと変化する中で、りそなが約50年にわたり培った信託銀行としての運用ノウハウは、大きな強みだ。
年金資産を中心に、約18兆円という国内トップクラスの資産運用機関としてプロ向けにサービス展開をしてきた。その力を個人のお客さまのお役にも立ちたいという想いから、「りそなアセットマネジメント」は生まれた。
お客さまが叶えたい、長期的な資産運用や、あらゆるニーズに対応した資産形成を「川上から川下まで」一貫してご提供している。

Phase2 りそなの視点

3つの専門領域からなる、グループの総合力。

お客さまの目的や希望に沿った投資ができるよう、幅広くかつ分かりやすくサービスを提供する販売会社。
50年からなる運用ノウハウをもとに、的確な助言を行う、投資顧問会社。
「りそなアセットマネジメント」の運用部からなる、ファンドの設定・運用会社。
それぞれの専門領域に特化した3つの会社が合わさることで、長年の運用ノウハウ、金融商品販売力、厚い顧客基盤を軸に、分析・商品開発から投資戦略・運用実績まで、トータルでのサポートを可能にしているのだ。

Phase3 銀行の常識を変える

すべての人が、気軽に安心して資産形成できるサービス「R246」。

りそなの長年のノウハウを具現化した、独自のサービスが「R246」だ。R246は通常の投資とは違い、お客さまに合わせたリスク許容度やライフプランによる3つの目標リターンを用意。
りそなが培った運用ノウハウのアドバイスを受けつつ、小額から気軽に利用できる新しいサービスである。
また、将来のあらゆる出来事を想定した数万通りのシミュレーションから、下落するリスクをできる限り低減。
さらには、運用コストの見直しにより、業界最低水準の手数料・信託報酬を実現。中・長期的な投資を、運用アドバイスを受けつつ、小額から誰でも安心して利用できる、新しい個人向け投信サービスなのだ。

pagetop