個人営業 戸叶 侑里

個人営業とは

地域に密着する支店において、個人のお客さま一人ひとりを対象に、投資信託や個人年金保険、国債、外貨預金などの金融商品による資産運用コンサルティングや相続支援、ローンなど、様々な提案を行うのが個人営業である。「りそな」はフルラインの信託機能を併映する独自の強みを持つ。遺言信託や遺産整理業務など、お客さまやその次の世代も見据えたサービス提供も「りそな」ならではのソリューションだ。

「りそな」でしか、提案できない、形にできないものがある

隠れた想いに気づき、ともに物語をつくる

「真にお客さまの役に立ちたい」。就職活動時、幅広く金融業界を見ていた私は、信託を併営する「りそな」でなら深くお客さまに貢献できると考えました。以来一貫して個人営業に携わり、様々なお客さまに対し、一人ひとりの資産状況やライフステージ・プランにあわせた提案を行ってきました。
私たちの仕事、それを一言で表せば、「お客さまとともに物語をつくる」こと。例えば「りそな」が強みを有する資産承継支援。子どもに、孫に、何を伝えたいか、何を届けたいか、お客さまの心の中にある未だ言葉にならない想いを形にしていかなければなりません。何度もやり取りを重ね、お客さまに寄り添い、これから先のお客さまとご家族の物語をつくりあげていきます。
お客さまの心の中に光を当て、お客さまと一緒になって将来を構想し、未来の物語をつくること。それが個人営業の醍醐味です。

「りそな」だから喜んでもらえた。忘れられないお客さまがいる

私には忘れられない一人のお客さまがいます。満期を迎えた国債の相談に来られた方でした。話を伺うと、生涯独身で現在は一人暮らし、兄弟姉妹もいないとのこと。将来の入院や介護など万が一の際に不安を抱いていました。しかし、この方の真の想いは別の所にあると私は感じていました。
心を開き本当の想いを話してくださるまで、私はお客さまのお話を聞き続けました。そしてある日、その方は静かな口調で語り始めたのです。「生活に苦労を抱えながらも、仕事に打ち込み、日々前向きに過ごす従姉の子どもがいる。いままで誰にも話したことはなかったけど、その子を応援してあげたい」。打ち明けてくれた想い、それに応えるために私の考え抜く日々が始まりました。
ネックとなったのは法定相続人がいない財産分与であること。法定相続人がいない場合、そのままでは財産を継承することができません。民法に沿った遺言書作成でも資産継承は可能ですが、私はその先を考え、上司や先輩のアドバイスを受けながら、信託機能を有する「りそな」だからこそできるスキーム構築に取り組みました。目指したのは、遺言信託と資産承継信託を組み合わせることで、従姉のお子さまに向けた資産継承と万が一の不安解消をワンストップで実現することです。
「こんな提案をしてくれてありがとう。ここまでしてくれたのは戸叶さんだけだった」。成約日にいただいた言葉は、今でも私の心に深く刻まれています。その方との付き合いはその後もずっと続いており、保険見直しや資産運用などのサポートも行っています。お客さまが誰にも話したことのない大事な想いに応えていけるのは、信託を併営し幅広いスキームの提案が可能な「りそな」だからこそだと感じています。これからも銀行本位のサービスではなく、お客さまの真の想いに応え続けていきたいです。

窓口業務・個人分野 ほかの社員を見る

  • 窓口業務
  • 店頭セールス
  • 事務マネジメント