ダイバーシティ&インクルージョン

Work Life Balanceワーク・ライフ・バランス結婚・出産・育児などのライフイベントと仕事の両立に向けて。働き方をサポートする制度を整えています

ライフイベントをサポートするダイバーシティ制度

  • 両立支援制度
  • 復職支援プログラム

制度名をクリックすると、詳細が表示されます。

入社

結婚

妊娠

  • 通勤緩和OPEN

    通勤ラッシュ等による母体への負担を軽減するため、通勤時間や利用路線を変更することができます。

  • パパ・ママ入門セミナーOPEN

    出産を控えた女性と子どもが産まれる男性、およびその上司を対象に、出産・育児にまつわる制度の紹介や情報提供を行い、先輩社員からのアドバイスを通じて復職後のキャリアに対する動機付けを図ります。

  • 勤務時間内通院OPEN

    妊娠中および出産後1年以内は、健康診査などのために通院する場合、妊娠週数に応じて休暇を取得できます。

  • 時間外・休日勤務等免除OPEN

    妊娠中は、時間外・休日・深夜勤務の免除を申し出ることができます。

出産

  • 産前産後休暇OPEN

    産前6週間、出産後8週間※、休暇を取得することができます。

    ※本人が申し出、医師が支障ないと認めた場合は6週間にすることができます。

  • 配偶者出産休暇OPEN

    配偶者が出産した男性は、出産予定日1か月前から子どもが1歳になるまでの間で、分割して5日まで休暇を取得することができます。

会社とのつながりを継続/自宅学習システムの活用

育児休業

  • 育児休業OPEN

    出産後、育児を目的として子どもが1歳2ヶ月になるまで休職することができます。(保育所への入所ができない場合、最長で2歳1ヶ月まで)

  • 復職支援セミナーOPEN

    育児休業中の従業員を対象に、休業中の業務内容の変更点を伝え、同じ立場の仲間で不安を共有しネットワーク構築の場とするとともに、先輩社員からのアドバイスにより復帰に向けた心構えやモチベーション維持を図っています。

復職

  • 休職者・復職者面談OPEN

    休業前・休業中・復帰時のタイミングで「育児両立キャリア面談シート」を用いて上司と面談し、仕事と育児を両立しながらキャリア形成も同時に進めていける仕組みとしています。

  • JOB リターン制度OPEN

    結婚・出産・育児などにより退職した社員を対象とした再雇用スキームです。

復職に備える/自宅学習システムの活用

子育てとの両立

  • 育児勤務(短時間勤務)OPEN

    子どもが3歳になるまでの間、勤務時間を1日6時間まで短縮して勤務することができます。

  • 時間外・休日勤務等免除OPEN

    子どもが小学校1年生の9月までの間、時間外・休日・深夜勤務の免除を申し出ることができます。(特別な事情があれば、最大子どもが小学校3年生修了まで延長可能)

  • 社員・スマート社員間転換制度OPEN

    子どもが3歳以降も短時間勤務を継続したい場合、スマート社員(※正社員の一種)に転換することで小学校3年生修了まで短時間勤務を継続することができます。

  • 育児勤務者面談OPEN

    上司との面談で、仕事と育児を両立しながらキャリア形成も同時に進めるための働き方を共有し、モチベーションの維持を図ります。

  • 看護休暇・育児看護休暇OPEN

    子どもが小学校3年生修了まで、子どもの病気やケガ、健康診断および予防接種等のために、分割して年間5日まで(子どもが2人以上の場合は10日まで)休暇を取得することができます。

  • 子育て支援休暇OPEN

    子どもが1歳2か月までの間、分割して年間5日まで休暇を取得できます。

  • 育休復帰者応援セミナーOPEN

    育児休業取得後復職した従業員を対象に、先輩社員のアドバイスを受け、同じ環境の仲間とのネットワーク作りや不安・悩みの共有を行い、今後のキャリアについても考える機会としています。

時短勤務をカバーする/自宅学習システムの活用

キャリアアップ

親の介護

  • 介護休業OPEN

    家族の介護のために、最大で通算1年間休職することができます。

  • 介護勤務(短時間勤務)OPEN

    家族の介護を目的として、勤務時間を1日6時間まで短縮して勤務することができます。

定年退職

その他にもダイバーシティ&インクルージョンに関する様々な取組を行っています。

くわしくはこちら