キャリア形成支援

人材育成とキャリア形成の基本方針

写真

分野別採用で幅広い視野を持った「エキスパート」を育成
多彩なキャリア形成支援制度で社員のチャレンジを強力に後押し

りそなは「ソリューション・フィールド」「カスタマーサービス・フィールド」から選ぶ1コース2分野の採用により、入社直後から目的意識を持って「専門性の向上」に努められる環境を整えています。お客さまの資金ニーズが複雑・多様化した今日、バンカーには高度なソリューション能力を持ったエキスパートが求められているからです。とは言え、エキスパート育成が極端化すると、自分の専門分野しか知らない人材になってしまう可能性もあります。そうならないよう、りそなでは銀行業務の基本をしっかりと身につけ、その上で自分が選択した分野の専門性を存分に発揮できるような、幅広い視野と高い視座を持った「エキスパート」の育成を目指しています。
そして、りそなが社員教育で最重視しているのが「人間力」です。このため、りそなでは「お客さまと信用・信頼関係を築き、深めていく力」を「人間力」と定義付け、その向上に取り組んでいます。
この人間力の前提は果敢なチャレンジ精神です。したがって、りそなには若手社員が様々な形でチャレンジする機会を与える風土があります。お客さまのために役に立つことに喜びを感じる学生さんは、是非りそなに入社し、夢と目標を持って様々なことに積極的にチャレンジして欲しいと願っています。

人材育成プログラム

キャリアは自分で選び、自分でつくる。りそなの「自己選択型」キャリア形成

「業務フィールド」「働く場所」「将来のキャリア」を自ら選択。自身の手でキャリアを形成していく。

2つのキャリアフィールド

自身が行っていきたい業務を自ら選択。各フィールドにおいて自身の専門性を高めていく。

図:2 つのキャリアフィールドから選択

自己選択型キャリア形成ロードマップ

図:当初希望勤務エリアと本拠エリア制度

本拠エリア制度により社員自身が勤務地を希望

りそなでは社員自身が勤務地を希望できる本拠エリアを導入。異動、配属は希望する本拠エリア内を基本としている。

図:本拠エリア制度により社員自身が勤務地を希望

ESなくしてCSなし。社員による自己選択型キャリア形成

社員一人ひとりによる2つの選択。「業務」と「働く場所」を自身が選択することで、充実したキャリアを形成。

図:本拠エリア制度により社員自身が勤務地を希望

キャリア選択をサポートする、教育体制

入社 1~2年目 「集合研修」と「現場実習」で銀行業務の基本を習得

OPEN

新入社員には最初の1年間、銀行の基本業務とりそな社員としての素養を身につけるための教育プログラムを実施します。
入社直後の前期集合研修では、社会人としてのビジネスマナー、りそな社員としての教養・基本的業務スキルなどを学びます。その後、研修で習得した内容を現場で実践し、銀行業務の基本を実習します。実習を終えると再び研修所に戻り、後期集合研修を受けます。この研修でコース別の実務知識、業務スキルなどを学びます。
現場に配属された後もおよそ2年間、「新入社員育成ガイドライン」に基づき、各部署の所属長、マネージャーを始め、職場の全員で新入社員を育成します。一方、新入社員は各種のOJTツールで、自分の業務スキルの習得度合いを自らチェックして上司と確認、その中でクリアすべき課題を把握し、一層のスキル向上に取り組んでいきます。

入社 3年目以降 「コース別研修」 を受けてエキスパートへ

OPEN

入社3年目以降は、各分野の専門性を身につけるためのコース別「カフェテリア型研修」や各種トレーニー制度(融資審査・富裕層業務等)を利用し、各分野のエキスパートへと巣立ちます。
巣立った後も、マネージャー(課長級)、オフィサー(副支店長級)、支店長へのステップアップを目的とした「マネジメント研修」「リーダーシップ研修」等、多彩な育成プログラムを用意しており、各自の次なるステージに向けた後押しをおこなっています。

自己啓発にも多彩なカリキュラム

りそなは社員の自己啓発活動も積極的に支援しています。その中で社員に好評なのが「りそなビジネススクール」です。 土曜日に開催している選択型研修の1つで、カリキュラムは財務分析、事業承継など銀行業務に直結した専門スキル習得型講座を始め、ロジカルシンキングなどビジネススキルを磨くための講座、ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士などの資格取得講座まで、科目は30講座程度と多彩です。3カ月毎の開催で年間延べ100講座前後開催しており、新入社員からパートナー社員まで誰でも無料で(資格取得講座を除く)参加できます。

代表的なキャリア形成支援制度

りそなでは、多彩な制度で社員の自律的なキャリア形成を後押ししています。
ここでは代表的なキャリア形成支援制度の一部をご紹介します。

ポストチャレンジ制度

国内MBAや異業種交流研修等、幅広い分野での必要人材を社内公募する制度で、
意欲のある社員に積極的にキャリアアップの機会を提供しています。

「ポストチャレンジ制度」利用者の声を見る

キャリアエントリー制度

社員一人ひとりが、会社からの指示ではなく、特定の研修や将来経験したい業務を選択
エントリーする制度で、自分自身のキャリア形成を自ら築くことをサポートしています。

「キャリアエントリー制度」利用者の声を見る

CARRER INDEXへ戻る